画期的な社員研修

目指すは新人社員の即戦力化

画期的な社員研修が目指すのは、新人社員の一日でも早い即戦力化にあります。その為には、通常以上の厳しい研修と受講後のアフターフォローが必要になります。大切なのは実績を残すことにあるので、厳しい新人研修とフォローアップの度合いがものをいうことが証明されています。新人社員を即戦力にするには、入社時の研修だけでは明らかに足りません。研修後のフォローアップがあってこそ、画期的な社員研修となるわけです。しかも、隔月で一年間行われるため、成長の度合いに応じた対応が可能になります。具体的内容として、先ずは社会マナーなどの基本スキルに関して、膨大な量の反復演習を行います。そして、頭で考えるのではなく、条件反射で適切な動作がとれるよう、所作を身につけさせます。

プロフェッショナルマインドの育成

画期的な社員研修では、身だしなみや挨拶をはじめ、名刺交換やお辞儀の作法、そしてホウレンソウの実践まで、ビジネススキルの基本が習得されることになります。また、ビジネススキルの基本だけでなく、責任感や自己規律、そしてチームワークなど、実際の現場に必要な能力を身につけさせます。その根底にはプロフェッショナルマインドの育成があり、それによってセルフモチベーションを高めることが期待できます。従来の新人研修でも、通り一遍のビジネススキル演習は行いますが、徹底して行わなければ効果が期待できません。短期間に徹底的に集中することで、身体に覚えこませることが出来、頭で分かるより先に身体が動くようになると言えます。そして、アフターフォローによって、身についたスキルに磨きをかけることで、ビジネスマンの身体の一部として定着するようになります。